忍者ブログ
テキトーな雑記を書き連ねます。 主にアクエディでのゲーム制作の雑記の他、プレイなうなゲームについても記載します。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
β版投げてから結構時間経ったが、折角なのでステージセレクトの裏話でも



セレクト画面はかなり複合要素の塊で構成されている

つまりキャラとピクチャー部分、背景が複数合わさってると言ったらいいか

いずれも動作軽量化をポイントに色々細工している。それでもスペック次第ではキツイという話もあるが



1.背景

・この中で動作面だけ見れば実は最も軽い
・自動スクロールというコマンドがある為、ふりゆく雪や雨の作成が極めて楽+軽い
  ※アクエディ+時代ではショットでごまかさないといけなかった為
・キャラより前に表示で一番前に出るのがこいつ
 敢えて言えばキャラやブロックより奥か一番手前かの2択
 画面自体の色変化と組み合わせれば暗転変化という技も使える
・Z軸が背景の番号依存、番号が大きい方が手前側になる
 雨や雪を降らしたい場合は番号大きい方を選ぶのが無難
・枚数制限という欠点がある、背景の番号の最大を考えたら分かる
・常にサイズに依存する固定の位置になる為、考えて作成しないと難しい点
 また、特に場所を指定させる場合はBMPサイズがデカくなるのが難点
  ※つまり指定の場所に起きたい場合、640×480で固定になる
・当然エフェクト等は自動スクロール以外使える要素がないのもネック
・640×480が基本体で、それよりも小さすぎても大きすぎても動作に支障が出る
 このBMPサイズの問題+BMPは圧縮率低い+素が重いので容量が重くなりがち


2.ピクチャー

・サイズを自由に変えられる、キャラ等と違ってサイズの固定はない
 また背景と違って位置を固定やスクロールに合わせる等の細工も出来る
・基本的に表示時間2、ウエイト1で置けば安定した動作が見込める
 また、ピクチャーIDを上手く使えば表示を常に表示させる事+同じ場所から変更も可
 こうすれば無論動作面でも明らかに軽くなる
・その他スクロールに合わせて移動という使い方も可能
 パラメータ表示等でメッセージウィンドウ使いたくない場合に特に向いている
・背景より奥、キャラよりも手前という位置。後はピクチャーを表示した順にZ軸が決まる
・欠点は表示が基本体でエフェクト等が使えない
 自動スクロールといった方法がないので使い方を考えないと苦しくなる
・アニメーション化も一応出来なくもないが、かなりゴリ押しになる
 やるなら使い方次第の部分がかなり大きく出てくる


3.キャラ

・最早説明不要、アクエディの主軸を握るモノになる
 当然なければ主人公も敵もなくなるので、ないとゲーム以前の問題になる
・サイズが32×32の倍数固定がネックだが、アニメーション等出来る事が極めて多い
 また、背景の細工やメッセ・ピクチャーの表示でもこちらがないと何も進まない
・その分出来る事が多いモノの為に動作面的に重くなりがち
 また、ブロック化したキャラを使うと更に重くなる欠点がある
・フロー数によってはキャラ1体でもアホみたいに重くなる事もしばしば
 ただやりたい放題やるとパンクするので、要調整という難点を抱えている



<余談>ブロック

・32×32の倍数の位置からずらせないという欠点はあるがキャラやアイテムと比べて軽い
 ただしあくまで若干軽いというレベルなのでブロックを1画面に敷き詰めると重くなっていく
・独自のコマンドが使用可能、上に乗ったら何が出来るかという事が出来るのがポイント
 特にアイテム入手と組み合わせればフローの操作と合わせてキャラ並の事も出来なくもない
・Z軸はキャラよりも手前か奥か、ピクチャーよりも手前か奥か、
 更に背景よりも手前か奥かという際どいZ軸の位置を持っている



<おまけ>Z軸の優先度

背景(手前)>メッセージ>ピクチャー(手前)>ブロック(手前)>キャラ>ブロック>ピクチャー>背景

・メッセージは常に固定のZ軸の位置になるので実は厄介モノ
 メッセージウインドウも固定でキャラ等全て隠してしまう事もある
 尚ウインドウを消せば、ピクチャーを後ろに置けるという技も使える
・キャラについてはZ軸の数値に依存、設定可能だが0~7までという欠点アリ
 分身値を使った場合、一番手前に来るのが分身値でも最高値のキャラになる
 分身値を使う事は少ないだろうが、多関節キャラを使う際には極めて便利な仕様
・背景は背景の番号に依存、雪を降らせたつもりが振ってない場合は番号を確認
・ピクチャーは表示された順に依存、尚ID割り振れば変更/消すことも容易
 メッセージも同様にID割り振れる。ただしピクチャーとは別になるので注意
・実は配置場所で右に行くほど手前に表示、下に行くほど手前に表示という特徴がある
 なのでX軸Y軸のズレを上手く使うと多関節などで有効に動かせる


いずれにしろ知っておいて損はない

因みにアイテムは?と問われるとキャラと同一の扱いだったりする、あまり知られてない

筆者はアイテムの使用頻度が低いので優先が曖昧、ただしZ軸と位置のズレは一緒

拍手[0回]

PR
生きてるのーというか、実は神殿物語2章の最終段階まで行ってたので時間失せてた

で、ようやく公開できる最低領域まで辿り着いたのでβ版ではあるが公開

尚、公開場所はこちら



ええ、新作を放置してノンストップでツクツクしてたらこんな事に

まあお題がちょうどクリスマスも入るという事を考えるとピッタリ過ぎてOKだな

♪わずかな時間を見つけて♪状態でもできる時はできるんだな、いやはや

拍手[0回]

え~生きてますよ、と

ツイッターとアクエディ大会云々で某所での討議に勤しんでたのでブログ忘れてたorz

まあ仕事もあったしね……、久しぶりの休みが日曜なのでそこを存分に利用するか



どこパレはなんだかんだ毎日ログイン ⇒ それとなくやってる感じ

今週もランク別の奴が出たのでまた頭悩ますだろうなーという

で今回は今までよりも楽だった、というのも


・最初がエグすぎたので対策されまくった影響もあり
 壁要員:軍隊カニ、笑い袋(※要スカラ)、シールド小僧(※会心喰らったらご察し)等
  ⇒更にインパクトブレス等で壁しながら吹き飛ばすこともw

 魔法要員
  ⇒大賢者+勝どき引っ提げてくる事もある、マホトラも伝授させてたりw
   ただし今回は属性耐性がある為、一部の魔法がまともに通らずorzな事も

 物理要員
  ⇒格闘王ツインクロー等が筆頭、MPが少なくて強力なアビで攻める事もw
   属性気にせず出来る、更に今回はルカニ耐性アリの奴も居るので尚更


・上記内容より、壁必須だが魔法でも物理でも突破可能余裕だった
 ※Aランクは耐性的にマヒャデドスが大推奨でした


大体こんなところか、とりあえずランクAでLv75は大体リーダーでも無理なのはご察し

ただし他が超秀逸であれば意外とイケたりする。ミニゴロン食わせた特性構成w

ランクSも同様意外とイケたりする、こっちも同様w



因みに編成と要注意する件を各々

●Aランク
・ヒポ戦士:2回行動だが会心ガード連発でけっこう無駄ターン多い
   ただし、ドタフなので最後で頑張ろうとするとMP切れに注意
・ウイングデビル:デバフが多いのでさっさと倒したい1体
   ハッスルダンスもあるのでやはり面倒
・ダークペルシャ:通常が遠隔なのでさっさと倒したい
   また、マータ系呪文使うので回避失敗すると大惨事確定
・ブラックベジター:実は一番の地雷、リホイミが強すぎるので最悪
   いてつく波動+マホトラでMP枯渇させる必要アリ


●Sランク
・大魔道:通常が遠隔なのでさっさと倒したい
   また、マータ系呪文使うので回避失敗すると大惨事確定
・スライムエンペラー:常にアタックカンタ+回復といてつく波動+威圧
   補助のオンパレードで超厄介なので真っ先に倒す必要アリ
・シュバルツシュルト:この中では一番地味、でも火力高い、デバフ注意
   意外とタフなので面倒なのも困った点
・凶スカルゴン:こいつのリホイミがはた迷惑、出来れば先に倒したいが
   スライムエンペラーと合わさって面倒なのでチーム構成次第


ざっとこんな感じである、日曜に攻略する方は参考までに

因みに筆者は野良で行ったが十分だった、野良も凶悪なまでに対策してるw

初心者は困ったらとりあえず軍隊ガニ等の壁+補助の構成作る事をお勧めw

ただし壁の立ち回りはかなり難しいので作るのは簡単だが運用が辛いネックガガガ



そんなところか

まあ生存報告兼ねての記事となったという

拍手[0回]

失敗した日の仕事後は酒でリフレッシュ、仕事のストレスはすぐに消すのが必須

で、シフトの都合で朝飲んでるという異質な状態、まああきらメロン



そんでもってアクエディの方は、神殿物語2章製作中

荒を完全にとりきった後にβ版で公開、某所では荒有りまくりだが簡易展開したけど(

β版まで待ちきれん、テストプレイヤーやるんだ!的な方はAEチャットで話できるかと



BBSに投げないのは、中途半端で出せば誰が見ても分かるおかしいところがあるから

だから荒だけは完全にとり去りたい、見栄えと基本動作はしっかりおさえておきたい

その為には色々大変なところもあるがな、まあ自分の時間と気力次第



一応目標は今月にはβで出して、テストプレイを依頼かなーと思ってる

実際トロフィー設定が某氏から頂いたモノからこっちが既にやったモノまでゴタゴタ

なので難易度がどうかというと、……難しいところだねぇというわけでして



アクエディ大会再開前で鎮火した作成熱がオーバーヒートした感じか

ここ最近ドットばかりだった故に、久しぶりの変数弄りで楽しんでるというかなw

拍手[0回]

やむを得ず極悪化したシフトを風邪ひかずに耐え抜いて、今に至る筆者です



出勤可能な人がほとんどいない日があって、ゴリ押しで殆ど休憩込み(笑)8~9時間

自分は締めで深夜に奮闘……だがディナーの後半から朝帰りまでという素敵な感じ

大半の頭が炎上、それよりも店長の頭がもっと炎上、そして店舗も多忙で更に炎上と某炎の妖精がいたんじゃねぇかという気分

まあ売上去年より1.3倍~1.5倍程跳ね上がり良い意味で炎上でもあったけどねw

仮に今の学生バイトだとクレーム大量生産で悪い意味の炎上あったかな、分からんが



さて、頭スッキリしたところで神殿物語2章の状況説明


●ステージセレクト
・基本動作は十分なまでに完成済み、ランダム選択のコマンドも付けてあるw
 欠落してるのはジャンル記載とスコアやタイム等の表示、これだけでOK
・後は優勝~3位までの作品にマーク付けるの忘れてた
 まあこれも付与でOKなので、間違えないようにするぐらいか
・セレクト画面の操作説明ぐらい要るかな、一応独自の要素ゆえに
 特にサウンドテストへの遷移、シャッフルコマンドは確実に表示したいところ


●ステージに置ける変数設定
・実はこっそりと残してたのだが、某氏から頂いた細工済みのモノがあるw
 これを活用してテストプレイも兼ねて実施、でステージセレクトと組み合わせる予定
・そしてテストプレイしてキツイと思ったら調整、あるいは隠し要素を地味に投下とか等
 尚、一部どうしようもない作品だけはゴリ押しで対処するしかないw


●EXステージ
・投稿済みのモノがあるので、これらをとにかく上手く活用
 優勝等のをクリアしたら不意の演出から出てくる感じでいいかなーと思っている
 尚、3章以降は怪しいので使えるラインには要警戒しつつ搭載したい


BBSで展開するにもまだ何が欠落なのかという部分がはっきりしないので調整中

少なくとも必須要項は入れる、最悪EXを置いてから一度展開というのもOKかな



で3章以降についても色々模索かな。今回の鎮火からの再燃が遅すぎた為正直……orz

最悪プレイしやすいようにステージセレクト画面だけはやりたいところか

ただステージ入れただけじゃ落ち着かんと思うのよね、プレイしやすいようにしたいのが本音

プライスレスである趣味の努力は意外と難しい、そんなところか

拍手[0回]

次のページ &gt;&gt;
プロフィール
HN:
ドラゴンハッカー
性別:
男性
趣味:
なんでもつくること
自己紹介:
アクションエディター、略してアクエディ(AE)を使うゲーム製作馬鹿。一方でいろんなゲームを廃人プレイする阿呆でもある。

現在プレイなうなゲーム(※2016/3/13現在)
・FFRK
・星のドラクエ
・どこでもモンパレ
・ドラクエビルダーズ
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]