忍者ブログ
テキトーな雑記を書き連ねます。 主にアクエディでのゲーム制作の雑記の他、プレイなうなゲームについても記載します。
[436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FFRKのネタ続きですが、いいネタがないのでこのまま続行

聖剣伝説RoMについても語ってもいいが、まだまだ分析不足ッス




新淵の間で手に入る限凸2の石、そして好きなキャラを選択できるロマンの塊

他にも10-2のイベントでも入手できるという事でチャンスが広がる感じがしまする

恐らく今後のイベントでも色々出してくるでしょう、まだ推測の域を出ませんが



しかし最近始めた人には辛い選択になる、そりゃこんなにキャラいたら悩む

更にクエストが11月上旬に消えるという事でイベント限定キャラの入手が困難になる事も

まあ恐らく仲間にする専用の場を作ってしまったからだと思うが



そこで私のお勧めは何か、という事でいくつかのキャラを取り上げてみる

念の為、私自身の意見であり参考以下という事で


◇ギルガメッシュ
○恐らく皆に愛されしFFのネタキャラ、だが必要なモノを欲しいがままに得た超人
 イベント限定という欠点を除けば確実に筆頭の一人
○そのあり得ない強さについて、実際いろんな論議が取り上げられている
・アーロン強化される前までひきつける+かまえる戦法を独占
 デシでは火力不足だった故に注目されてなかったが、これで阿修羅を凌駕した
 多くの人がこれを使う事でかまえラーに転職させた伝説の漢、それが彼だ
・ギルガメッシュチェンジからの連続切りでカンスト2回余裕でした
・それどころかひきかまでのカウンターでも全てカンスト余裕でした
 4連打物理攻撃美味しいです☆
・使わずともセイントクロスで聖属性付きの2回カンストも余裕でした
 そしてついでに聖弱点のクリア条件も満たす、完璧だ
・更に専用必殺技のデスクローでも3回のカンストも余裕でした
 せっかくだから俺は、この麻痺の状態異常も付与してあげるぜ
・装備出来る武器の範囲が驚異的、剣、刀どころか格闘、槍、斧など多彩
 その為共鳴武器に悩まさせない器用さを持つのが彼の恐ろしい点
・同レベルのレッド13以上の魔力を持ちながら、ロッド所持可能
 しかしその為まともに生かせるアビリティの無いネタまで実装した
・6000を超えるHPを持ちながらジャンプ系の技を使う事で後衛アタッカーも可能
 「相手が空飛んでる? じょうとうだぜ!」
 その姿は正に風、氷、雷を操りながら飛び回る要塞アレクサンダー
・バニシュレイドで相手のバフを消せる芸当まで用意、ご丁寧に大ダメージ付き
 そう、彼には小細工は全く通用しないのだ
○上記ネタのように見える記述だが、その多器用さは実際超使い勝手がいい
 FF5でのネタキャラ臭はどこ吹く風、これが彼の本気とも言える
○強いて言うなら回復要員にはなれない点
 まあそもそも物理アタッカーにそこまで求めるのはアレ過ぎるのだがw 
○因みに入手もそうだが限凸1の石もイベント専用
 本領発揮させるには新淵の間が攻略できるのを待つしかない
 あるいは次のイベントで石が出る事を首を長くして待つしかないだろう



◇クラウド
○安定の雲、物理アタッカーとして必要なモノをしっかり揃えているのが彼
 HP5000以上、前衛アタッカーとして十分な耐久が持ち味
○そんな強キャラだが何を間違えたかノーマルの2ステージ目クリアで入手
 武器さえあれば即戦力が確定的に明らかである
 短剣、剣に加えて刀と気持ちちょっとだけ広いのもよい点
○早すぎる登場のおまけにデシと同ステージのフォースで限凸1の石が手に入る
 つまり限凸2の石だけあればいい、そこが彼の一番のポイントでもあるw
○魔法剣☆4でガ系まで使える、弱点突くクリア条件には完璧
 当然弱点持ちのボスが出てきたら語ることはない
○物理スピード☆3によりデュアルディレイor足を狙うが使えるのでスロウまでOK
 惜しくも断動が使えないが、そこはご愛嬌という事で
  むしろこれまで使えたらティーダ等の物理アタッカー陣が一斉に死ぬ
○対空相手にかまいたちという手段も可能、地上戦オンリーではないのです
○密かにかまえる事も出来る、皆でかまえるを使う場合の候補になる
  ⇒ 本人「興味ないね。」
○入手が用意で育成が楽、その癖弱点攻め可能でスロウ可能
 デシを差し置いてまで一番最初に限凸2の石が出たのも納得だろうw
○限凸2後に入手可能なレコマテがいきなり必殺技ゲージ1と実は優秀
 フレンドだけでは不足な時や自前で使いたい必殺技がある場合
 特にお世話になるだろう



◇デシ
○よく忘れ去られやすい本作の主人公、でもポテンシャルはかなり秘めている
○全ての武具及び全てのアビリティが装備可能、そして最初からいる
 その為当然のことと思われるが全く使わない事はまずない
  あえてデシを置いてまでして白、黒魔導士だけで突破とかする猛者いないよねw
○能力だけ見ると実際残念に見えるが、それを補うかのように無駄にHPが高い
 それは前衛アタッカーで前述したクラウド並というと実は凄い点
○全ての武具が装備可能 ≒ 常に共鳴武具を生かせる
 その為どのシリーズでも何かしらの役割に転職できる柔軟性がポイント
○密かに便利で強く、そして使えるキャラが限られている歌、踊り等もOK
 共鳴武具を持ちながら他のキャラでは出来ない組み合わせも可能なのが彼
 そしてやたらタフネスなのでなかなか死なないのもポイント
○Job扱いなので月曜日ダンジョンしか実質共鳴がないのが欠点
 しかし、新淵の間での大ボスでの固有共鳴では現状選出されてるので
 今後も出てくる場合、本当に本領発揮するのはその時かもしれない
○欲しい技の組み合わせ、でも難しい時に彼を出すと困らないであろう
 かまえる部隊に紛れてかまえながらケアルダなんて事もOK
  無論杖にしたら火力はご察し、グリモア系があるといいのだがw
○逆に上位互換可能なキャラがいる場合はそちらに譲る感じがいい
 常に潤滑油的立ち位置で低能力を補う器用さを生かす事がポイント
○限凸時のレコマテが優秀、見破る1、2は弱点を突くと威力UP
 これは中盤以降のカンスト狙いの鍵になるだろう
○限凸2のレコマテがクラウドと一緒でいきなり必殺技ゲージ1
 2人のレコマテを生かせばいきなり必殺技で態勢を一気に作り上げる鍵にもなる



◇ワッカ
○後衛物理アタッカーの天才であり、そして前半からいる物理補助の兄貴
 その範囲は投てき、ボールだけでなく弓もOKと非常に万能
  ガードなのに常に後ろに居る事もしばしば
  ティーダにもボール持たせてユウナを守る気ないガード達という事も可能(え

○同時期に投てき武器が、そしてクリア報酬で星4の弓も入手可能なので
 当然使わない手はないだろう
  そしてキラーボウをへし折って矢を投げるワッカの姿が(オィ
○彼が完全に本領を発揮するのは中盤以降、特にハイXXブレイク系を使う時
 更に物理補助でも彼だけ特筆できる点が並んでおり
・遠距離武器で攻撃可能=遠距離や飛行ボス相手にもブレイク系が常に可能
 更にその遠距離武器も幅広く扱えるのも彼ならではの特権
・入手時期が前半で育成が進みやすい点
・イベントなしでも限凸1の石も入手可能、クリア難しいステージだが
 その為石の入手で焦る必要はあまりない

 これがワッカ特有のポイントである
 特に他の物理補助☆4以上要員との差別点にもなるので考慮しておきたい
○物理スピードも☆3あるのでデュアルディレイが可能、主力技としても使える
○火力不足が若干否めないのとHPが5000届かないので耐久は低め
 後衛物理アタッカー故の欠点であり、キャラが揃ってくると影が薄くなる事も



この辺は特に差別点がはっきりしてるが、残りの面々は特筆よりも好みが割れる可能性あり

特に白、黒魔導士枠は実際多い、それぞれにちゃんとした差別点はあるが際どいところ

その為激戦区といってもいいだろうか、イベントのみ勢の分析は難しいデス

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ドラゴンハッカー
性別:
男性
職業:
オタクらしからぬ仕事(ぇ
趣味:
なんでもつくること
自己紹介:
アクションエディター、略してアクエディ(AE)を使うゲーム製作馬鹿。一方でいろんなゲームを廃人プレイする阿呆でもある。

現在プレイなうなゲーム(※2017/8/6現在)
・どこでもモンパレ
・FEヒーローズ
・Fallout4
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]