忍者ブログ

DHの墓場

ドラゴンハッカーによる好き好きで書いてるぐだらなブログ。主にゲーム関係

DQビルダーズ2~その他考察~

※キャラ図鑑更新:ブレイズハート
 フロアシャイニングのリンクが消えてたのでふ行修正



DQB2もまだアプデはあるのか、追加DLCは出し切った後だが気になる所
てか未だ謎のままであるからっぽ島の海底神殿とか一度きりの出会ったキャラ達とか



まあそんな所でちょっとした小ネタ的考察でも

●武器関係
 最強武器って何と問われると知ってる人はもうやってると思われる例の武器
 知らなかったらまあ……となるが、この辺についてもう少し突っ込んだ上で考察

 とりあえず個人的に使い勝手が良い武器、つまり最強武器を羅列


1位:はかぶさの剣
・知ってる人はまあもう作ってるであろう筆頭
 とあるネタ武器が完全に再現実装という、知る人ぞ知るアレ
 はやぶさの剣ではなく、はかぶさの剣

・作り方ははかいのつるぎを装備した後、ドレッサーで見た目をはやぶさの剣にする
 はかぶさのけんになると、はかいのつるぎは自動的に消え、呪いも無くなる
 尚、事前にそざい島で2種とも強敵を倒して閃き、作っておく必要がある
 はかいのつるぎにはオリハルコンが、はやぶさの剣にはメタルゼリーが要る点も留意

・その性能は手っ取り早く言えばはかいのつるぎの火力をそのままに
 はやぶさのごとく2回攻撃をする、問答無用の最強の武器となる
 回転切りを加味しなくても最強の武器である事は間違いない

・難点は準備が大変、入手可能はED後なので一応王者の剣orいなずまの剣はあるが
 ヤミヤミ島でボストロールを倒す必要アリという点、準備万端で行く事
 更にオリハルコンも一緒に回収する必要があるので、これもまた厄介な点
 ただロトの剣を作るなら素材的意味でも先にこっちを作る方が良かったりする(


2位:どくばり
・原作では1か即死のロマン武器だったのに、チート性能に変わった
 バケモン武器として今作はED後もお世話になると思われる武器と化した

・モンゾーラ島の序盤から入手可能なのは既に分かっていると思われる
 尚、強敵どくあおむしを倒す必要がある点と素材となる肥やしの入手が先
 一応アプデで墓場の橋手前にもくさった死体がスポーン、肥やしをドロップするので
 やろうと思えばほぼいきなり作れなくもないw

・攻撃力は20と大したものじゃない、しかし問題は異様な会心率
 その上で更に即死補正がかかるという性能。前のモンゾーラ編でも説明した通り
 比較対象に兵団相手、はがねの剣で約20~30、どくばり会心で約20~30
 即死が狙える点を考えるとはがねで頑張るぐらいならどくばりの方が期待値大
 そして会心がさされば弱スタンがとれる点も美味しい

・即死耐性があるのは強敵のみ……としたが強敵再スポーンにより検証した所
 モンゾーラ島とオッカルム島の強敵も即死耐性がない事が判明
 ここで改めてオッカルム島でもほぼ最強武器である事が明らかになった

・ムーンブルクでは流石にキースドラゴンは即死せず……。辛かったw
 しかし防衛戦ではギガンテスだろうと兵団長だろうと即死させれるので
 条件次第ではあるが他の武器と入れ替えしつつやれば十分トップクラスの性能

・メタル系に対しては原作再現とも言わんばかり、ほぼ確定1ダメを与えられる
 他の武器ははやぶさの剣も含めてミス(0)の方が異様に高いのに対して
 安定してダメージを与えられるのはどくばりが唯一という事になる
 ED後も使えるのはメタル系狩りをする際、はかぶさの剣以上に効率が良い為


3位:ほのおの剣
・意外かもしれないが、実は専用の特殊補正がある為
 というのも回転切りを使う際に正面に敵貫通の火炎弾を放てる点がポイント

・今作において遠隔武器は手投げ爆弾と極端で、使い勝手もかなり限られる
 前作にはあった石つぶてや聖なるナイフ等一直線に放てる武器はなく、
 溜めを使って放つという癖はあるけど、唯一の遠隔武器である点は見逃せない

・作れるタイミングはムーンブルク島で、必要素材ははがねの剣に爆弾石と魔力の結晶
 いずれもドロップする敵が居るので攻略面に支障はないので作る余裕は十分ある
 ただし作る際に魔法台で時間が必要な点だけは留意したい

・遠隔攻撃可能なので仲間に前線任せて自分は遠くからという戦術がとれるw
 トラップ戦術や単純に戦闘が苦手な人にはお勧めとなる武器
 破壊天体シドーの防衛戦でも活躍する事は間違いなしと考えると十分



番外編:はぐれメタルの剣
・メダル90枚と全部必要、その頃にはロトの剣もはかぶさの剣も出来上がってるだろう
 しかしこれらには欠点があり、仲間に装備させる事が出来ない点
 その点を考慮すると仲間に持たせて同行するという意味では最強の武器になる

・もっともそざい島においてシドーを除き、人間と同行するケースは少ないかもしれない
 が、回復兵やゼセル含む近衛兵を登用する場合は事情が変わってくる

・尚、それ以外で強力な武器はED後だと王者の剣といなずまの剣が上がる
 ED前だとほのおの剣かガイアの剣、尚作り易さという点ではガイアの剣が一番上


余談:勇者の旗
・兵士属性のキャラを集合させて同行可能にする。尚、近衛兵(赤)は来ない
 将軍(アネッサ)も勇者の旗で召喚出来たので一応記載
 戦闘時に旗を振る事で鼓舞をかける事が出来るというシロモノ

・鼓舞3回で最大強化、そうすればはがねの剣でも100ダメをあっさり叩きだせる
 実際にアトラス戦でもその手前でも活用した人も多いと思われる

・そざい島だと召喚以前の問題になるので使い勝手は微妙になってしまうが
 炎の剣と同じく後ろに下がって鼓舞る戦術をとるのもアリと言えばアリ
 ただし炎の剣だと戦闘中に来る邪魔な雑魚を回転切りでそのまま倒せるから
 どっちがいいかと問われると、好き好きという事で余談に分類



●防具関係
・防具で硬さという意味で最強ならはぐれメタルの鎧1択になってしまう
 しかし一方でダメージ反射できるやいばの鎧、毒マグマダメージ無効の光の鎧と
 移動速度UPのみかわしの服等々硬いだけがOKというわけでない点が服(鎧)の難点

・尚、服については更衣室を作れば鎧であろうと自由に着替える
 性別問わず自由に服を着るのでドルトンがムーンブルクの王女になってる事もw
 特別に硬くなるとか、そういうのは無い模様。まだ未検証アリ

・一応、更衣室の明かりをOFFにすればリセットできるのでカオスになったら消そう
 防具関係は住民の容姿にも関わるので
 面白い写真を撮りたいなら是非色々試してみたい所

・備考として荒くれやカルロ等、一部の人間は着替えない
 他にも居るが、確定キャラの一例という事で挙げておく
 厳つい装備で構成するか、ネタに走るかはまあご自由にw

・一方で盾は、はぐれメタルの盾ほぼ1択というのが苦しい結論
 特殊補正がある盾って意外とどころかそう言えば前作もなかったような……忘れたw
 そして住民も装備しないので自分の分だけで問題はないだろう



●アプデによって手に入るようになった道具の一例
・モンゾーラ島のイベントで命の元木を入手した後、
 マンドリルから低割合でドロップするようになった
 尚、そざい島のマンドリルからは一切ドロップしない

・オッカルム島のイベントで色素を使えるようになった後、
 ぐんたいガニからは赤の色素、ガニラスからは青の色素が手に入る
 尚、他の島では一切ドロップしないので、オッカルムで色素収取の
 トラップも出来るようになったw
  ※作物でも大量に作れるからトラップを作るまで居るかは……w

・ムーンブルク島において、実は金が不足するという事態があり
 DQ1まどうしがドロップするようになっている
 まあ無限素材化した後はどうでもいいが、攻略中では重要素材



●〇〇回収トラップについての考察
・生肉トラップで最早有名なトゲ罠だが、他にも色々存在する
 全部ひっくるめて性質を改めて考察する


1.トゲわな
・作り易さという意味では最速、鉄インゴットだけで大量生産可能
 地上を歩く敵に対して25程度のダメージを一定間隔で与え続ける
 ※死霊の騎士のみ、特効で130付近のダメージを与える
 一角ウサギで生肉狙うならトゲわなだけで十分となる

・尚、一定間隔でダメージを与えるという点で効率はそこまで高いわけではない
 特にHPが高い敵相手だと効率が悪くなるのでこの辺は留意しておきたい
 まあ放置プレイ前提で動く場合だと全く支障がないので楽と言えば楽だがw


2.ギラタイル
・スイッチの配置とギラタイルの生成時間の問題があるのでちょっと頭が要る
 ただしトゲわなと違って1ギラごとでダメージを与えるので効率が高い
 1ギラ辺りで25程度のダメージを敵に与える
 ※獣魔系統の敵に対しては特効で130付近のダメージを与える

・スイッチを踏めば繋がっているギラタイルを次々と発動させられる
 その為スイッチの数も多めに、でもギラタイルも敷き詰めておくのがベター
 勿論ギラタイル単体だけでなく、更に効率上昇となるのでトゲわな複合させてもよい

・尚、遠隔のスイッチを踏み続けたまま待機という手段もアリと言えばアリ……
 トラップ部屋の構築&待機場所が面倒になるが、上手く行けばタフネスな爆弾岩も
 簡単に倒して整地御用達の魔法の玉を大量生産出来るので一考



3.デインバリア
・塔と塔の間にバリアを生成、弾き飛ばした上で20程度のダメージを与える
 ポイントとなるのは弾き飛ばす点であり、そこでうまくスイッチの所に誘導する
 なんて事もできたりする、地味に有効打になる

・難点はバリア生成距離が意外と短い点
 それでトラップ内に設置してしまってスポーンの阻害を起こす事もある
 なのでこれを絡めるのはやや上級者向け

・ただし浮遊属性に対してもバリア内であればハメる事が出来る点はポイント
 複合させるのは難しい上に絡めるかどうか色々謎が残るが上手く行けば楽しい事に
 なるであろう


余談:ヒャドトラップ
・荒ぶって壁を破壊したりするので回収トラップには全く使えない
 ただし所謂ハメコンボができるので2つずつスイッチと合わせて使うと面白い
 氷が溶けたらまたもう一つを、という感じで交互に踏めば延々とハメる事が可能

・回収トラップよりも対強敵を簡単に討伐する策士向け
 ただし事前準備して置く点や、タイミングが重要になるので
 その点慣れは要る



●無限でないが結構要る素材とトラップ回収
・生肉は代表となっているが、それ以外にも結構あったりする
 何かしら家や地形を作る際に引っかかる事も多いので、ある程度抜粋


1.綿毛
・一角ウサギやアルミラージからドロップするので生肉トラップと同時並行可能w
 一角ウサギならオッカルム島、アルミラージならムーンブルク島でやろう

・その他回収手段に羊を手なずけておくと、1日ごとに満足度に応じて
 自然ドロップをしてくれる



2.XXダンゴの素材、肥やしと草原の種
・肥やしはトイレを作っておくと勝手に貯まるが、XXダンゴ作る際には
 意外と足りなくなりがちである素材である

・肥やしをドロップする敵は結構いるが、モンゾーラ島の墓場が一番の狩り所
 ここは腐った死体のみがスポーンするので、トラップを作れば延々と稼げる

・草原の種のドロップはマドハンドとアローインプが代表
 モンゾーラ島で族長のリリパットがいる所を拠点にしてトラップを作れば
 アローインプからのドロップで草原の種がかなり回収出来る

・尚、からっぽ島で泥沼地帯を作ると腐った死体とマドハンドだけピンポイント
 それを利用して完全に緑を作る為のトラップ部屋を作る事が可能でもある
  ※ただし夜になるとしにがみやゴースト系が出るので準備大変だが



3.爆弾石
・直球で言えば整地御用達である魔法の玉、開拓を一気にしたい場合は必須
 ドロップするのは爆弾岩のみであり、爆弾石も大量に求められる

・オッカルムの地下かムーンブルク島でスポーン領域が存在する
 ムーンブルク島なら後述するがムーンペタを超えて北の方向がベター

・オッカルムの地下だと南側の金鉱脈がある手前が爆弾岩のみの場所と理想
 ただし眠っているか地雷化状態のスポーンになるので上手く配置しないと
 ギラが発動せずといった色々厄介な事になるので若干不向きである
 また地雷化でスポーンした場合、HPが0になっても死んだ事にはならない
 アイテムはHP0でドロップするが、邪魔になる点は留意



4.毛皮
・地味に無限じゃない素材、用途はそこまで多くはないけども
 意外と盲点になりがちで稀に不足する事もあり得る
 からっぽ島で赤岩地帯を作るとやまねずみがスポーンするのでそこで回収は可能
 他、雪原地帯を作ってスポーンするリカントからも回収可能

・トラップを考えるとリカント系かおおきづち辺りが挙げられる
 おおきづちならオッカルム山頂に行けば、おおきづちだけしか出ない
 リカント系なら一番良い場所がムーンペタを超えて北の方向
 ここには前述生肉筆頭のアルミラージの他、爆弾岩、キラーリカントと揃っている




まあこんなところか

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
ドラゴンハッカー
性別:
非公開
趣味:
制作関係及びゲーム
自己紹介:
気まぐれに細々と活動中。基本はツイッターだが書ききれない内容はこちらで記載。

カウンター

リンク

チャット