忍者ブログ

DHの墓場

ドラゴンハッカーによる好き好きで書いてるぐだらなブログ。主にゲーム関係

DQビルダーズ2~仲間に出来る魔物考察~

監獄島以降、魔物が仲間に出来るようになるのは周知の事実
しかし実態は意外と解析されていないのが現状



という事で使える可否を考慮した上で仲間に出来る魔物を色々考察してみる


●共通事項
・仲間に出来るのはモンスター図鑑にアイコンが付いたモノのみ
 そして場所もそざい島だけであり、他の島からは全部不可
仲間になる際、アイテムをドロップしない特徴がある
 100%アイテムをドロップする魔物が落とさなかった場合は確実
・魔物ごとでの仲間のなりやすさに、極端な差異は無い模様
 もし全然仲間にならなかったとしたら物欲センサーと思われるが
・色違いでの種族の差異は基本的にほとんどなく、性能も同一
 また、武器等装備不可なので強化補正をかけることはできない
  ※余談だがゼセル等の近衛兵系統が使うスクルトはかかる
・からっぽ島で主に行う行動はあやしい植物園での収穫や
 ハーゴン教団関係の場で居座ってハートドロップがほとんどである
寝床は動物と同じ設定で、敷き藁で寝る
 人間が使う寝床を使わないので、ないとあらぬ所で寝る事も……
・HPが0になって倒れると一定時間で復活するのは人間と一緒
 ただしかつぐことが出来ないので復活を促進させる事はできない
・一部の魔物は設計図での建築が可能、因みに人間と比べると
 食事などせずに真っ先に建築に向かっていくので効率は地味に上
 設計図で色々と建築する人は可能な魔物を集めておきたい



1.スライム種(※メタルスライムは不可)
・出てくるそざい島まとめ
 スライム:フサフサ島での草原平地でスポーン
      或いはぷよぷよゼリーでの召喚スポーン(※ピカピカ島)
      ※DLC込みだとワビサビ島も含む
 スライムベス:ゴロゴロ島での砂平地でスポーン
      或いはぷよぷよゼリーベスでの召喚スポーン(※ヤミヤミ島)
たき火に乗っかって油を出す、油はED後には無限素材になるが
 食料を作る際に地味に使う素材なので全く要らない事は無い
 (※余談だが最終ステージでメタッツも同じ事をやる)
・騎乗可能、つまり監獄島でのイベントと同じ事が出来る
 2マス分の高さまでジャンプ可能、高所落下時のダメージ無効化
 ただし他の騎乗できる魔物よりも明らかな劣化なので趣味枠
・戦闘面は全く期待できない、威力はまあ流石にスライムというべきか
 メタッツだったらメラも出来て強かったのに……
・こんな扱いだが実は設計図での建築が可能
 見た目によらず器用、多分メタッツの流用か?


2.キメラ種
・出てくるそざい島まとめ
 キメラ:フサフサ島の白山上にスポーン
 メイジキメラ:ピカピカ島の高台にスポーン
 スターキメラ:ヒエヒエ島のスギ大木領域にスポーン
・騎乗可能、というか尻尾につかまってる状態だけどw
 スタミナ消費で高い所まで上昇してくれる、切れると不可、ゆっくり降下
 いずれかを仲間にするとそざい島の探索において非常に便利
・戦闘面では珍しい2回連続攻撃可能
 火力は地味だが連撃で実質の期待値は上がるので中々有能
・設計図での建築は不可、ただしまさかの料理可能
 その為食料生産役の村人の代わりとしても重宝する


3.マドハンド種
・出てくるそざい島まとめ
 マドハンド:ジメジメ島の腐葉土がある領域でスポーン
 ブラッドハンド:マガマガ島の血石領域でスポーン
・住民とジャンケンして遊んだりする。その際にハートドロップ
・アイテム作りの手伝いだが、所謂炉の精製促進に関与する
 しかし多くの炉を設置して放置しておけば貯まりまくるので
 実際に必要かどうかは微妙なライン……
・戦闘面はマドハンドを基準にしている為かED後のみ登場の
 ブラッドハンドも含めて期待できない。まあ仲間呼びのキャラだからか
 そもそも強くないといったら正しいのか
・設計図での建築は不可、完全にお好み



4.くさったしたい種
・出てくるそざい島まとめ
 くさったしたい:ジメジメ島の泥平地でスポーン
 リビングデッド:チャプチャプ島の草原平地でスポーン
 グール:ヤミヤミ島の戦場跡地領域でスポーン
・発酵所があると発酵の速度を速める効果を発揮する
 それによる無限生産を考えている場合は1体欲しい所
 中には生産に時間がかかるものも存在するので、アイテム図鑑埋めの際には欲しい
・戦闘は近接のみ、息系統を使わないのが何よりも残念
 その為そこまで強いキャラとは到底言えない
・設計図での建築は不可、あくまで発酵速度を高める点を考える事
 炉等と違って発酵は1個1個になるのでこの点は特に考慮すると良い


5.ホイミスライム
・出てくるそざい島は、ほとんどの島の海岸にスポーンする
 逆に出ない島はヒエヒエ島、ヤミヤミ島、マガマガ島
・バーがあるとバニーの代わりに接客を行う
 その為バニーの代わりにホイミスライムを置く事で機能を強化できる
・戦闘は近接のみでかつリーチも短く威力もないので期待できない
 ただしHPが減ったらホイミで回復してくれる
 気休めと言われるとそれまでだが戦闘に自信がない場合は居ても悪くはない
・設計図での建築は不可、バニーと比較して大きな差がこれ
 そざい島のバニーの代わりで使うかを考えるかでは、戦闘可否の差異となる


6.おおきづち種
・出てくるそざい島まとめ
 おおきづち:ゴロゴロ島の高台にスポーン
 ブラウニー:ピカピカ島の高台にスポーン
・監獄島でのイベントと同じくハンマーシールで延々と地形を破壊するが
 壊せるのは土ブロックレベル(※≦武器のおおきづちで破壊可)なので
 整地に役立つかというと微妙、実際堅いブロックが多すぎる……
・戦闘面は残念ながら痛恨の一撃を出すような大振りはしない
 そして火力もこれまた微妙なので連れ歩くには趣味枠
・ビルダーズの象徴故か、設計図での建築が可能
 その際に通常破壊できないブロックも破壊してくれるからシールでもやって欲しかったんだがw


7.うごくせきぞう種
・出てくるそざい島まとめ
 うごくせきぞう:ヒエヒエ島の高台、準強敵
 だいまじん:マガマガ島の平地、強敵
・染物アトリエの部屋がある際、染色の作成速度を速める
 食材から色素を作るのにはやたら時間がかかるので居ると重宝する
 ただし炉と同じく多数入れて同時進行出来るので要るかどうかは人次第
・うごかないせきぞうがあるとものまね……というか居座る
 離れてた場所でも開拓地を超えてない限りは優先的に移動してしまう
 他、石像の間でうごかないせきぞうを設置するとやたらハートをドロップする
・強敵での登場なのだが味方に回すと実はそこまで強くない……
 横になって回転する攻撃ぐらいはして欲しかったんだがw
・設計図での建築は不可、ただし寝る姿勢が例のアレとネタ要素は多いので
 インスタばえ(笑)にでもどうぞw



8.イエティ
・出てくるそざい島:ヒエヒエ島の氷上
・イベントで雪原を作る為に仲間にしないといけないキャラになる
 アイスキャンディーを設置すると一定範囲を雪に、水を氷に変える
 そして雪の上に杉の木等を自動で作成する
雪原地帯を作る人にとっては重要なキャラになる
 複数体仲間にすると効率が上がるので非常に便利
 変にリフォームコテで塗るよりもよっぽど速い
・戦闘は近接格闘のみで鈍足させる技や呪文は使わない
 折角鈍足化できる能力だらけなのに惜しい所
・設計図での建築は不可
 ただし雪原地帯を作る場合は複数体仲間にしておくと一気に出来るのでお勧め



9.キラーマシン系
・出てくるそざい島まとめ
 キラーマシン:チャプチャプ島の雪の上
 メタルハンター:ヤミヤミ島の平原、強敵
農業の効率をこれでもかと上げる素晴らしいキャラ
 人間だと1つ1つに対してキラーマシンは一気に9マス分伐採して回収
 その為、あだ名は先生として絶対に仲間にしておくべきキャラとも言われる
・また畑の間にくすりの茂を挟みこめば同時に伐採して回収してくれる
 これにより自然とくすりの葉やよいくすりの葉も自動回収出来てしまう
・戦闘面は近接のみだか隙が少なめで優秀
 ただ前作では弓矢やビームでの遠隔もしていたので惜しい所
・流石に設計図での建築は不可、だが農業の効率を上げまくるので
 そこまで求めるのは流石に贅沢というべきだろうw


10.はぐれメタル(※バブルスライムは不可)
・出てくるそざい島:チャプチャプ島、強敵
・からっぽ島ではこちらを見かけると即座に逃げだしてしまう
 所謂鬼ごっこだが、話しかけれればハート100のドロップをする
・戦闘面はやはりというべきか、唯一の非戦闘要員
 なのでそざい島に連れ歩くのはほぼ無意味になってしまう
・設計図での建築は不可な上、鬼ごっこの特性で作業停止する事も……
 ハートが足りない時は魅力的だが要らなくなってしまうと
 完全に趣味枠という事に……
 

11.ゴーレム系
・出てくるそざい島まとめ
 ゴーレム:ゴロゴロ島の山の上、準強敵
 ストーンマン:ピカピカ島の高台、準強敵
 ゴールドマン:ザブザブ島の平原、強敵
・いずれかを仲間にすると砂のかわらを作れるようになる
 それを使う事で土関係を砂に変え、共にサボテンや石ころを作る
砂漠地帯を作る人にとっては重要なキャラ
 いずれも強敵ポジで仲間にするのが面倒だが複数体仲間に出来ると
 一気に砂漠を作れるのでお勧めとなる
・戦闘面では仁王立ちをして敵をひきつける壁役も兼ねる
 攻撃面も十分だがそれ以上に混戦時には便利な役割が出来る
 因みに通常攻撃と溜め攻撃を使うが威力は変わらない謎……
 そしてゴーレム種3体で全員仁王立ちするという事故もあったりするw
・残念ながらいずれもゴルドンのように騎乗不可なのが惜しい
 乗りたかった人は残念ながら、ゴールドマンも乗せてくれません
 しかし何故か待機モーションがストーンマンだけ体育座りする設定
砂漠を作れる上に設計図での建築が可能、実は色々と優遇されている
 イエティと比べてこの辺色々とネタ面も含めて優秀なのが困る


12.ベビーパンサー
・出てくるそざい島:フサフサ島の平原
         ※DLC込みだとワビサビ島も含む
騎乗可能、そして空中ジャンプ可能の上に騎乗中に攻撃可能
 移動速度も含めて完全にスライム種の騎乗の上位互換になる
・前作(switch版のみ)のように主人公の武器に合わせて強くならないのが残念
 ブロックの破壊も上下出来たりコンボ攻撃と超優遇されてたのに惜しい
・設計図での建築は流石に不可、優秀な騎乗性能があるからこそである
 ……とまあここだけ書くと早速ベビーパンサーをと思うだろう
 しかしこの後で全て台無しにされてしまう……
 その為、ベビーパンサーは趣味キャラとなってしまう


13.キラーパンサー
・出てくるそざい島:ジメジメ島、強敵
騎乗可能で空中ジャンプ可能の上に高速移動可能かつ、攻撃可能
 その為恐ろしく性能が良過ぎる、ベビーパンサーの完全互換上位
 仲間にしやすさを考慮すればベビーパンサーの方が楽だが
 性能がジャンプ力も含めて明らか上なので頑張って仲間にしたい
・戦闘面も中々の役割遂行できる、騎乗中はかなりの火力が出る
 騎乗のまま戦ってもいいが、もし自分の武器が優秀ならば
 ダメージ効率を考えると降りた方が良い
・その為実質移動系最強、車やキメラは空を飛べるが車は乗り降りの手間があるし、
 キメラ系は移動速度面でダントツに差異出てしまう
 役割は違うとはいえ、そざい島においては仲間にしたら
 永遠と活躍する事間違いなしの筆頭
・まあ流石に設計図での建築はベビーパンサーと同じく不可
 ただどちらかと言えば自分が設置する際、移動するのにキメラ系と一緒に
 上手く合わせて動きまわるのがベターかもしれない



よって、筆者のお勧めモンスターは下記順位付け


1位:キラーパンサー:移動系最強でずっと連れ歩き状態
2位:キラーマシン種:農業最強、色素も回復道具も困らない
3位:キメラ種:料理も出来る上に高所作業には是非欲しい
4位:ゴーレム種:砂漠の開拓、設計図建築も兼ねると超有能
5位:イエティ:雪原の開拓にはやはり欠かせない存在



Lvもハートもカンストした自分には一部魔物の価値が無くなっちゃうんですねw
筆頭はぐれメタルが5回も起きあがってきたわけなんだが、これどういう事?
因みに人に依ってはこれでもかというぐらい仲間にならずという事もあったり
うーん完全に物欲センサーorz



とまあ個人的主観と分析なので色々と間違いがあるかもしれない
特にお勧めはまあ完全にね、好みもあったら全然違うしw
しかし仲間にした多くの方が恐らく共通ではなかろうか、そう考えているが

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
ドラゴンハッカー
性別:
非公開
趣味:
制作関係及びゲーム
自己紹介:
気まぐれに細々と活動中。基本はツイッターだが書ききれない内容はこちらで記載。

カウンター

リンク

チャット